NUSA Blog

【名大の学生】#4 フォルクローレ同好会

 

聴かせる音楽ではなく、“日常に根付く楽しむ音楽”とは?

今回は、「フォルクローレ同好会」の和田諒(農学部3年)さんと豊田理帆(情報学部3年)さんに取材してきました!

在校生なら一度は新歓期に異国情緒溢れる音色を耳にしたことがあるはず。
どこか懐かしい気分になるフォルクローレの魅力とは。

 

Qそもそもフォルクローレって?
・南米の民族音楽で珍しい楽器の音色が特徴。
・管楽器(2種類)と弦楽器(クラシックギター)、打楽器の5種類で構成されている。
・昔から“日常に根付く楽しむ音楽”として親しまれてきた。

 

Qフォルクローレで使われている楽器って?
現地で4000年ほどの歴史を持つ楽器もあり、穴をあけただけの簡単な楽器をはじめ、良
い意味でも完成されきっていない楽器のため、専用のケアなどはなく、自分で考えて手入
れをするそう。

楽器は2,3万あれば始められるため、音楽の中では敷居が低くて始めやす
いことも良いところ。

 

Q楽譜はどうなってるの?
楽譜には起こさず、音源を直接きいて、軽いメモ書きで練習していくそう。
(実際に見せてもらったのですが、本当に数個コードが書いてあるだけ…メモ書きで演奏
できちゃうなんてすごい..!)
楽譜は探せばあるかもしれないけど、そもそも楽譜読めない人が多いとのこと。
また、同じ曲でも色んなアーティストのバージョンを混ぜて演奏しやすいようにアレン
ジもしているのだとか。

 

Q名大のフォルクローレ同好会とは??
フォルクローレが出来るのは、中部圏では名大だけ!
全く堅苦しくはなく、アットホームな雰囲気だけど、ちゃんと活動したい人におすすめ!
1~3年生を中心とした30名程度で活動しており、毎回組んだことのない組み合わせでバン
ドを組むため、サークル全体としてのつながりがあることも特徴として言えるところ。

 

Q新入生にアピールをお願いします。
始めるのは勇気がいるかもしれないけど、是非一度演奏を聴いてみて。
そこで、何か感じることがあれば一度新歓イベントに来てほしい。
そうしたら、さらにフォルクローレの虜になるはず。

 

*最後に実際の練習風景を見せてもらいました。
自分たちが一番に楽しむということが伝わってくる演奏で、その輪の中に入りたいと思
わず憧れてしまいました。また、足踏みや声も使った演奏で、その場の空気を一気に持っ
ていかれた気がしました。
みなさんも一度、フォルクローレを体感してみてください。

 

噂だけど、今年もゲリラ演奏があるらしい…!?

 

NUSA ではただいま自分または団体の活動を取材してほしい!!
名大生に知ってもらいたいという方を随時募集しています。
興味のある方は是非下記のアドレスにご連絡ください。

mail:info@nu-sa.com
また NUSA として活動したいという方も大歓迎です。
私たちと一緒に名古屋大学を発信しブランディングしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です